忍者ブログ

なすへちま農園ブログ


武装神姫やドールなどなど
目次 | キャラクター紹介 | 用語集

「ルセル、シュクレから離れないようにして。
相手は近距離タイプが2体だから、シュクレを1人にするのは危ないよ」

「うん、わかったよ!」

今回のマップは、ボロボロな巨大なドームのようなところだった。
ドームの外では雨が降っているようだ。

「…外に出るわけには行きませんね」

白魔型に採用されているKSは水に弱い。
雨の中での不利は明らかだった。

「そのときは俺達が頑張るよ、KSじゃないからな」

「は、はい、頑張ります!」

ラパンとトルテュが励ましてくれる。
今日はちゃんと許可を取って2体を借りてきた。
…今日は負けるわけにはいかないんだ…


2人は警戒しながらドームの真ん中へと進む。
相手は近距離タイプ、狭いところは相手に有利になるだけだ。

真ん中でシュクレがルセルの左半身を護るように立つ。
こうすることで、2人は鉄壁の防御を発揮することができる。不意打ち対策だ。

「…相手はどう出てくるでしょうか…?」

シュクレがライフルを構えながら周りを警戒する。

「相手が出てきたら、ルセルとラパンはシュクレを護るんだ。
シュクレは相手を少しでも分断できるように狙って」

今回の戦いで重要なのは、シュクレをいかに守るかということだ。
長距離タイプのシュクレなら、相手を一方的に撃つことができる。

…とにかく、相手を先に見つけないと…
僕は目をこらした。



「…見つけたっ!」

天井から月夜さんが落下してくる。
シュクレも月夜さんを見つけると、ライフルを撃ち始める。

「…このっ!」

月夜さんが地面に落下する。
そこにシュクレからの射撃が命中する。

「やるようになったじゃないか!」

月夜さんは左右に繰り返し飛びながら接近してくる。

「えーいっ!」

≪ズダダダダッ≫

トルテュが機関銃を発射する。
月夜さんは一度物陰に隠れる。

「お姉さま、一度離れてください」

「わかった!」

ルセルがシュクレから離れると、シュクレはランチャーの発射体勢に入る。

≪ドゥゥゥゥンッ≫

シュクレはランチャーで月夜さんを障害物ごと吹き飛ばす。
しかし、そこには月夜さんはいなかった。

「…残念だったな、それは偽者だ」

先ほどの位置とは全然違うところから月夜さんが現れる。

「お前は本気を出さなきゃいけない相手みたいだな」

それとは別の所からも声が聞こえる。
…月夜さんが、2人…?

「な、なんだっていうんだよー!?」

「お姉さま、どうやらどちらかは偽者のようです」

たしかに、レーダーには1体しか映っていない。

「俺がなんで影型MMSなのかを…教えてやるよ!」

2人の月夜さんが同時に消える。
…一体どこに…!?


「捕まえたぁー!!」

「な、なにしやがるんだ!」

突然近くに現れた月夜さんが、ラパンを掴んでいる。
ラパンはドリルを回転させてなんとか逃れる。

「ラパンさん、トルテュさん、離れていては危険です、合体を!」

「わかりました!」

「お、おう!」

ラパンはルセルの右肩にクローとして、、トルテュはシュクレの左肩に機関銃として装着される。

「お姉さま、相手は姿を隠すのが得意なようです。
ここは私に任せてください」

そういうと、シュクレは周りを見渡し始める。
シュクレの装備している白魔量産型装備Ver.Lは、ルセルのVer.Rよりも索敵性能に優れている。

「シュクレ、月夜さんはどこに?」

「待ってください…いました!
お姉さま、右の壁の向こうです!」

「よぉぉしっ!」

≪キュイィィィン≫

ルセルがクローのドリルを回転しながら壁に突撃する。

≪ガッシャァァァンッ≫

「なにぃっ!?」

隠れていた月夜さんを、ルセルは壁ごと突き飛ばす。
月夜さんはギリギリで体勢を持ち直すと、後ろに飛びずさる。


「…ようやく追いついたぞ、無理をするな。月夜」

「あぁ、悪かった…」

月夜さんの吹き飛んだ先には、水都さんも待っていた。
水都さんが背中の大剣を抜いて両手で構える。

「…さぁ、ここからが勝負だ!」

「ぼくが相手だよっ!」

飛び掛ってきた水都さんに、ルセルが応戦する。

≪キンッ≫

水都さんの大剣を、ルセルはトンファーで受け止める。
一度離れようとする水都さんにスラスターで接近、クローで追撃を加える。

「くっ」

大剣を盾にして身を守るが、ルセルはそれをクローで引き剥がす。
水都さんは大剣を捨てると、剣とナイフに持ち替える。

「…ずいぶんと戦いを重ねたようだな」

「おかげさまでね!」

ルセルはトンファーを斧に持ち帰る。
2人はお互いに相手に突撃すると、武器がぶつかり合い火花を散らした。



≪ズダダダダッ≫

シュクレは月夜さんに機関銃を連射する。
月夜さんはそれをギリギリで避けると、シュクレに爪を立て飛び掛る。

「その程度、この盾には効きません!」

シュクレは左肩の盾でその攻撃を防ぐと、ライフルを剣に持ち替え斬りかかる。
月夜さんはそれを避けるために後ろに飛ぶ。

「姿を隠したり偽者を見せたりは、私には効きませんよ?」

「そうみたいだな…だがお前に近距離戦で何ができる!?」

月夜さんが再び飛び掛る。
シュクレがライフルを構えると、ルセルが横から飛び込み月夜さんを吹き飛ばす。

「お姉さま!」

「シュクレに手は出させないからね!」

ルセルはシュクレの横に立つと、自分が来た方を指差す。

「シュクレ、水都を一度置いてきたから、近付く前に攻撃を!」

「分かりました!」

シュクレがライフルを構え、水都さんに向かって発射する。

「…この!」

水都さんは上に跳ぶと、月夜さんの隣に着地する。


「…どうやら、今までとは違うらしいぞ?」

「そうみたいだな」

なぜか2人は上を見上げる。

「…こちらも全力で行かせて貰う!」

≪バァンッ≫

水都さんが天井に向かって拳銃を撃ち込むと、既に崩れかけていた屋根に穴が開く。

「キャアッ!?」

天井が崩れたことによって、瓦礫と雨が降り注ぐ。

…まずい、KS製の装甲で出来た2人にとって、水は天敵だ。
ディスプレイからは、装甲の防御力低下を知らせるアラームが流れる。

「私は海賊だからな、ちょっと濡れてるくらいのほうが動きやすいんだ」

「そしてこの瓦礫の粉塵の中で俺を見つけられるか?」

…どうやらこちらの弱点までは知らないらしいが、これはかなり不利な状態だ。

「マスター、どうしましょう…?」

シュクレも心配そうだ。
機動力が低いシュクレはより不利な状態になったとも言える。

「…こうなったらっ!」

ルセルがスラスターを噴かして、突撃する。

「ルセルっ!?」

「ぼくが敵を引き付けるよ!」

ルセルが相手がいたと思われた場所に飛んでいく。

「…甘いな」

ルセルの行動に慌てていたシュクレの元に、水都さんが現れる。

「この状況で戦力を分散するなんて、無謀以外の何ものでもないぞ?」

そういいながら、水都さんは剣でシュクレに斬りかかる。
シュクレは盾でガードしようとするが、防御力の低下した盾は吹き飛ばされる。

「キャアッ!?」

「シュクレ!?」

「俺もいるぞ!?」

シュクレが吹き飛んだ先には、月夜さんが待ち構えていた。
手の爪でシュクレをすくい上げると、上に吹き飛ばす。

「「はぁぁぁぁあっ!!」」

シュクレの落下地点に、2人が同時に飛び掛る。

「キャァァァァアッ!!??」

2人の同時攻撃を受けたシュクレの装甲が吹き飛ぶ。

「シュクレーッ!!??」

シュクレがあっという間に戦闘不能に陥る。

「さぁ、後はお前だぞ?」

「これで勝負も終わりだな」

水都さんと月夜さんが構える。
…もうダメなのか…?


「シュクレ、さとる…」

ルセルのいつもなら髪に隠れて見えない左目が露になる。
その赤い瞳は、いつかのように輝き始める。
辺りには、キィンと耳に付くような共鳴音が聞こえ始める。

「…なんだ?」

水都さんと月夜さんが身構える。
ルセルは倒れたシュクレの元に向かうと、もう動けなくなっているシュクレに話しかける。

「シュクレの意思と力、ちょっと借りるね」

シュクレの装備が浮かび上がり始めると、ルセルに装備が装着される。
2人の装備が同時に装着されたルセルは、右肩に巨大なクロー、左肩に巨大な盾を装備していた。
手には2人の装備が合体した巨大な槍を持っている。


「これは…?」

「…これが白魔量産型のリミッター解除か…」

いつのまにか、僕の隣ではお父さんが観戦していた。
隣にはレイニーさんが立っているので、レイニーさんが連れてきたんだろう。

「あのVer.RとVer.Lの装備には合体機能が組み込まれていた。
だが、それは高い出力と重装性能が必要なはず…
…クラウディのような重装が高くレベルの高い神姫ならともかく、白魔量産型のボディでは使えるはずがない。
つまり、あれが彼女の真の力という事だ」

お父さんが説明してくれる。

「…名前を付けるなら、『プランセス ドゥ グラス』…氷の王女ってところだろう。
…やっぱり悟に2人を預けてよかったよ。
2人への愛がなければ、リミッター解除は発動しない。
ちまりちゃんを取り返すんだろう?行って来い!」

「…うん!」


「うわぁぁぁぁあっ!!」

スラスターを噴かしたルセルが敵に飛び掛る。
スピードは全く下がっていない。

≪ズガガガガガッ≫

ルセルは左肩の先に付いたトルテュから機関銃を発射する。

「…なんだか知らないが、1人で何ができる!?」

月夜さんは一度身を隠すと、次の瞬間には4人の月夜さんが現れる。
それを見たルセルは、右肩に装備されているシュクレのランチャーのチャージに入る。

≪ドウゥゥゥゥンッ≫

「くうぅっ!?」

ルセルがランチャーで偽物ごと敵をなぎ払う。
不意を付かれた本物の月夜さんはランチャーが命中した勢いで吹き飛ぶ。
通常時よりも威力が向上しているようだ。

「このぉぉぉおっ!」

水都さんがルセルに飛び掛る。
ルセルはすぐに反応し、いつも以上に長くなっているクローで水都を突き飛ばす。

「…さとる、すぐに終わらせるよ!」

ルセルは月夜さんに向かって突撃する。
まだ倒れていた月夜さんを、クローで水都さんの方に投げ飛ばす。

「これで…とどめだーっ!!!!」

ルセルは手に持った槍を構えると、月夜さんと水都さんの2人ともを直線状に捉え、槍を投げつける。
まず月夜さんに槍が突き刺さると、そのまま水都さんに飛んでいく。

「……!!」

水都さんが身構える暇もなく、その攻撃を受ける。
画面は突然真っ暗になると、メッセージが表示された。


――You Win!

COMMENT

名前
メール
URL
本文
パスワード
プロフィール
ちの
神姫&ドールのアイペや布服の製作だけでなく、髪パーツの自作までするマルチな淑女。
2012/9/30に亡くなりました。記事にまとめてあります。


ちっぽ mixi
神姫の武装パーツや髪パーツの制作や、ブログの更新もする雄犬。
アイペイントや布服の製作もちのさんを見習って少しずつ練習中。
紹介&名簿集
カテゴリー
過去ログ
コメント
Twitter @po_chippo
リンク

コナミ 武装神姫 公式
アゾンインターナショナル
ママチャップトイ
PARABOX
Noix de Rome
カスタムドール工房◇天人花
ばうあ記
うさぎむすび
Sleep☆Sleep
Nagisaの雑記と日記
ザラメライス
長靴を釣った猫
武装神姫とかのサイト(仮)
Labcom.info
つれづれ・ちか室
てのひらサイズの同居人
(有)二階堂商店
arahabakiブログ
脳内神姫ワールド!
コバルトクッキー
シュメ子とミューとおじぃ(仮)
tampopo X19A
明日香の小さなお部屋
ジャンクヤード
けだえのおへや(※※※)
無機物の週末
DOG-TAG
Princess lady blade/Garden
白や黒って素敵だねっ
武装神喫茶
誰得
談話室シアラ
俺とお前とフィギュアロボ
さらまんだいありぃ
徒然寸劇日記
エアパスタ號!!
さいころじー。
カルパの武装神姫日記
昴と神姫のカレー仕立て
荒井 涼弌の武装神姫ガレージ
つれづれ気まぐれ日誌コネクト
冬空ゴシック
御影工房神姫支局。
雨間の神姫部屋
なろろん工房
まりば~すっ☆電脳英雑BLOG
センスイ12
武装神姫と秋の空
しげの神姫日記?
わんにゃ~さかゆっきーのブログ
candy meteor/TGO
haru2036.info
うずら小屋
LunaticNightmare別館
<<小説『武装神姫 双子のスノープリンセス』 第二十九話  | ホーム |  小説『武装神姫 双子のスノープリンセス』 第二十七話>>
[255][249][243][448][225][223][222][220][217][219][218]
PR

[PR]
/ 忍者ブログ