忍者ブログ

なすへちま農園ブログ


武装神姫やドールなどなど
目次 | キャラクター紹介 | 用語
 
「はぁぁぁあっ!」

リプカが翼に付いたランチャーを構える。

《チュドォォォン》

「この威力は…!」

シュクレさんが盾で防ぐと、本人へのダメージはないようだが、盾には大きなダメージが残る。
白魔型は熱に弱いんだ、これなら行ける!

「私もここからは本気です!」

シュクレさんの右肩と左肩からパーツが取り外される。
そのパーツはウサギとカメの形に変形し、地面に着地する。
あれはプチマシィーンだったのか…!

「リプカさんを地面に引きずり落とします、ラパンさんはチャンスを狙って接近戦を、トルテュさんは援護射撃を!」

「「了解!」」

2体のプチマシィーンがそれぞれ動き出す。

《キュンッ》

《ズダダダダ!》

シュクレさんの狙撃と、トルテュと呼ばれたカメ型プチマシィーンから放たれた機関銃を、リプカは空を移動し避ける。

「それほど早くは飛べないが、飛べるだけでありがたい!」

《ドォォォォン》

「わぁぁあっ!?」

「トルテュさん、パニックにならないでください!」

シュクレさんとトルテュさんにランチャーが放たれるが、どちらも微妙に外れている。
ギリギリでうまく避けられたのか…さすが悟さんの神姫だぜ!

「油断してるんじゃねぇぜ!」

《キュィィィン》

突然の攻撃をリプカが盾で防ぐ。
盾には、ラパンと呼ばれたウサギ型プチマシィーンの足のドリルが突き刺さっている。

「なに!?」

「ウサギのジャンプ力、舐めるなよ! …って、わぁぁぁあ!?」

着地は考えてなかったらしく、ラパンさんはそのまま落下していく。
あんな高さを飛んでくるのか…油断できないな。

「スピードが出せない以上空中にずっといるのは危険だ、降りるぞ!」

「了解だ、マスター!」

リプカが地面に着地する。

「待ってたぜ!」

《ズダダダダ》

すぐさまトルテュさんの機関銃が飛んできたかと思うと、次はラパンさんの蹴りがリプカを狙う。
リプカは機関銃を避けながらラパンさんを背中の剣で止める。

「私もいますよ!」

いつの間にか接近してきていたシュクレさんの、剣が振り下ろされる。
あれはライフルと剣に変形する武器だったのか…!

「さすがのチームワークだな…!」

「あぁ、こちらも戦いがいがあるというものだ!」

シュクレさんの剣を避けると、そのまま後方へジャンプする。

「…ラパンさん、トルテュさん、もう一度合体です!」

「わかったぜ!」

「りょ、了解です!」

ラパンさんとトルテュさんがシュクレさんの右肩と左肩に再び装着される。

「行きますよ!」

「…危ないリプカ!」

シュクレさんが機関銃、ライフル、ランチャーを一斉に構えると、リプカに向かって一気に発射する。

《ドォォォォン》

リプカのいる位置で大爆発が起こる。

「リプカぁぁぁあ!」

「まだだ、マスター!」

煙の中から何かが飛び上がる。
…分離したティオに乗ったリプカだ!

「このぉぉぉおっ!」

飛び上がったティオから、リプカはさらに上にジャンプする。
…上空から槍で突撃するつもりだ!

《ガシィィィン》

リプカがシュクレさんのところに落下すると、凄まじい衝撃音が鳴り響く。
…やったか!?

「…さすがはリプカさんです。なかなかやりますね」

「何っ!?」

リプカの槍はシュクレさんの盾に突き刺さり、本人に届く前に止まっていた。

「私の盾は、白魔型の中でもトップクラスに硬いんですよ!」

「くぅっ!?」

シュクレさんが盾を振り回すと、リプカが槍から手を離して吹き飛んでいく。

「とどめです!」

シュクレさんがライフルを構える。
…絶体絶命か…

《ヴィィィィン ヴィィィィン》

「なんだこれは?」

「警報…?」

突然警報が鳴り響く。

『テスト中だった武装神姫がオーベルジーヌ社内を逃走中です。お暇な方は捜索に参加してください』

スピーカーからレイニーさんの声が響く。

「テスト中…アルディのことか」

悟さんが呟く。
アルディって一体誰なんだ…?

「すいませんリプカさん、勝負はお預けです」

「仕方あるまい…」

バトルシミュレータから2人が帰ってくる。

「ごめんね赤哉くん、戦いの途中で…」

「大丈夫ですよ、俺も神姫の捜索に参加します!」

テスト中に逃走なんて、リプカの時と同じことになっているかもしれない…
そう考えると、俺はいてもたってもいられなかった。

「ありがとう、ならお願いするよ」

悟さんはドアから廊下へと走っていった。

「…さすがは私のマスターだ。私たちも早く探しにいこう」

「おう!」

俺もリプカを連れて、廊下へと走る。
…というか、この研究所ってどんな構造なんだ…?





「…いないな」

俺とリプカやオーベルジーヌ社の人達が必死に探したが、夜になっても神姫は見つからなかった。

「ありがとう赤哉くん、もう夜だから帰ったほうがいいよ」

「でも…」

「神姫を見失ったのは僕たちの責任だからね、赤哉くんが気にすることないよ」

悟さんもかなり申し訳なさそうだ。

「わかりました、俺、今日は帰ります」

「レイニーさん、赤哉くんたちを玄関まで送っていってあげて下さい」

レイニーさんは僕たちを手招きすると、玄関に向かって歩き始めた。





「…眠れないな」

俺達は家に帰ると、一日中探し回った疲れで早くも寝に入ろうとしていた。
しかし、寝ようとするとまた目が覚めてしまった。
あの逃げた神姫は、今頃なにをしているのだろうか…その後に連絡はなにもない。

「リプカを起こすのもなんだしな…」

リプカはクレイドルですでに眠りについている。
頑張って寝てみるか…

「眠れないのかい?」

「あぁ…って、誰だ!?」

後ろ側を見ると、枕のはじに褐色の肌をした神姫が座っていた。

「アタイはアルディ…バックの端っこをちょっとお借りしてここまできさせてもらったよ」

アルディって…あの逃走した神姫!?
俺の荷物に隠れていたなんて…

「さ、悟さんに連絡を…」

「ちょっと待った! 一晩くらいいいじゃない…サービスするからさ」

アルディが俺の頬にキスをする。
…って、なにやってるんだ!

「あはははは、なーに赤くなってるのさ」

アルディが爆笑している。
…誰も見ていなくてよかった…

「どうして脱走なんて…?」

「アタイはオーベルジーヌ社でテスト神姫として生きると決まってる…なら、ちょっとくらい自由にさせて貰ったっていいだろう?」

…そうか、こいつもリプカと同じなのか…

「…明日の夕方には連れて帰るからな?」

「入口まででいいよ、あんたのせいになったら嫌だからね」

…なんだ、逃走したって言っても嫌な神姫じゃないんだな…

「さーて…泊めてくれるからにはサービスして熱い夜にしないとね」

「…ちょっと待て、もうほっぺに近づいてくるな! おい!」

…やっぱり嫌な神姫かもしれない…
俺、明日どうやってリプカたちに説明したらいいんだろう…

COMMENT

名前
メール
URL
本文
パスワード
プロフィール
ちの
神姫&ドールのアイペや布服の製作だけでなく、髪パーツの自作までするマルチな淑女。
2012/9/30に亡くなりました。記事にまとめてあります。


ちっぽ mixi
神姫の武装パーツや髪パーツの制作や、ブログの更新もする雄犬。
アイペイントや布服の製作もちのさんを見習って少しずつ練習中。
紹介&名簿集
カテゴリー
過去ログ
コメント
Twitter @po_chippo
リンク

コナミ 武装神姫 公式
アゾンインターナショナル
ママチャップトイ
PARABOX
Noix de Rome
カスタムドール工房◇天人花
ばうあ記
うさぎむすび
Sleep☆Sleep
Nagisaの雑記と日記
ザラメライス
長靴を釣った猫
Precious Spirit
ちびちび問屋。
武装神姫とかのサイト(仮)
Labcom.info
つれづれ・ちか室
てのひらサイズの同居人
(有)二階堂商店
arahabakiブログ
脳内神姫ワールド!
コバルトクッキー
シュメ子とミューとおじぃ(仮)
風の向こうへ
tampopo X19A
明日香の小さなお部屋
ジャンクヤード
けだえのおへや(※※※)
無機物の週末
DOG-TAG
Princess lady blade/Garden
白や黒って素敵だねっ
武装神喫茶
誰得
談話室シアラ
俺とお前とフィギュアロボ
さらまんだいありぃ
徒然寸劇日記
エアパスタ號!!
さいころじー。
カルパの武装神姫日記
昴と神姫のカレー仕立て
荒井 涼弌の武装神姫ガレージ
つれづれ気まぐれ日誌コネクト
冬空ゴシック
御影工房神姫支局。
雨間の神姫部屋
なろろん工房
まりば~すっ☆電脳英雑BLOG
センスイ12
武装神姫と秋の空
しげの神姫日記?
わんにゃ~さかゆっきーのブログ
candy meteor/TGO
haru2036.info
うずら小屋
LunaticNightmare別館
<<小説『武装神姫 紅の絆』 第十四話  | ホーム |  小説『武装神姫 紅の絆』 第十二話>>
[321][318][451][389][365][364][363][352][323][317][316]
PR

[PR]
/ 忍者ブログ